医療保険で大切な特約

長い保障のある医療保険の加入がお勧めです

医療保険は万が一の病気や入院のため加入しておくと安心です。しかし定期型の医療保険に加入していたならば、見直しをしてみた方がいいかもしれません。定期型は加入するときには保険料が安いのですが、一定の期間10年、15年、20年での保障になります、その保障期間が終わると更新をするか、新たに違う保険商品に加入するかの選択になってきます。その更新の時にはその時の年齢での保険料率になるので、今よりも高くなってしまうのです。安い保険料の保険を探せばいいと思うのですが、10年後、20年後に健康でいるか、その時加入できる保険商品があるのかは分からないので、健康な時に長い保障がある医療保険に加入しておいた方が安心できるのではないかと思うのです。

一生涯保障があるのは終身型の医療保険です。終身型は保険料が高くなると説明するセールスの方もいますが、加入時の保険料は定期型に比べ少し高いと感じるのですが、一生支払う保険料を計算してみると、実は終身型の医療保険の方が安いという事が分かるのです。それは更新がないというのが大きな事なのではないでしょうか、ずっと同じ保険料を支払っていくので、年齢が高くなっても安心して医療保険に加入していられる事ができます。保険は今の事だけを考えて加入するのではなく、これから先の事まで考えておくと、保険料もお得で長い保障を得る商品がいいという事のようです。我が家も更新時に高くなるからどうしようと思っていましたが、終身型の医療保険の存在を知り、すぐに見直しました、これで一生涯の医療保険は安心です。

Site Recommend

Copyright (C)2017医療保険で大切な特約.All rights reserved.